気球が畑の上空を通過したあとに


OLYMPUS DIGITAL CAMERA
午前8時前後の画像
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
写真左が畑側。気球が着陸した場所は平成12年まで土田家の土地だった。

ゴォーッ。ボォーッ。という音が聞こえてきたので外を見ると、空に10機というか10玉というのか、気球が飛んでいた。毎年、この時期の恒例である。

しかし、いつもと違っていたのは気球がこんな場所に着陸したことであった。雨が降っていたので高度を下げていた気球が多かったが、着陸して片づけをしたのは、この機体だけだった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
畑の向こうの土手近くに気球が着陸した。 手前は大根畑。

この時期の大根は気温の低下により成長する。日増しに成長するが、モンシロチョウが凄くて防除のタイミングを間違うと、防除回数が増えてしまうのでギリギリのタイミングを見極めることで回数を減らす努力をしている。穴あきの葉でも安全を担保したいのが俺の意地。解る人だけに買ってもらえればいい! 天候により着陸を決意した気球パイロットの判断力も同じだろうと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.