チェーンソーの修理


今年1月、屋根の雪下ろし作業中に痛めた右肘が、秋の長芋掘り以降に悪化しており痛みが酷い。スノーダンプの雪を押し出すように勢いをつけて屋根から下ろす時、スノーダンプと雪が離れずに、スノーダンプごと落下しそうになったのを片手で止めたために、右肘を捻り伸ばしてしまった。それが今頃になって悪化している。スノーダンプ2.2キロ+雪20数キロの重さが勢い余って右肘にかかったのだから…

今週、降雪がなければ台風で折れたポプラの伐採を予定していたが、右肘を考えると軽い方のチェーンソーでなければ危険なので、お蔵入りしていたチェーンソーを3日前から夜に少しずつ修理している。

キャブレターを外したが、ダイヤフラムなどがボロボロだった。

プライミングポンプもパイプも硬化しているが、なんとか使えそうなので次回交換することにした。チェーンの目立ては明日。

全て分解してキャブクリーナーとエアーで清掃。ホームセンターで必要部品を購入しようと行ってみたら…

チェーンソーや草刈機などの2サイクルエンジンは、こまめにメンテナンスしなくてはいけませんが、野菜農家は貧乏暇無しで手入れができません。必要に迫られてから修理するので、高い部品を購入することが多くなります。消耗品の寿命くらい見当がつくのだら前もって安いものを用意しておけばよいものですが…。  ホームセンターでのダイヤフラムの値段がメーカー品しかなく1枚1080円で手を出しませんでした。アマゾンは純正品ではありませんがダイヤフラムほか4点で500円以下なので、ネット注文することに。3日後には届くでしょう。

 

昨日、寝付けずに午前3時過ぎまで眠れず。CDを聞こうとしたら30秒しないで読み込み不能状態に。中国製の安売り商品はCD‐Rを読み込んでくれるのは良いのだが、壊れやすくてボリュームが効かなくなったり、ラジオ機能がゲルマニウムラジオ並み。日曜深夜のラジオ放送は休止ばかり。海外放送がハッキリ聞こえるが意味不明。灯りを点けて銀河英雄伝説でも読もうかと考えるも寒い中、布団から手を出すのも嫌。文字の羅列を目に入れると睡魔が襲ってくるという良い体質なのだが、寒さ暑さは大の苦手である。薪ストーブが部屋にあれば、火の番をしながら炎の揺らめきを見ながら眠れるだろうに。30年前に新築する際、薪ストーブ導入を猛反対されて諦めたことを、こんな時に悔やむ。親と同居するとは不自由である。良いことが何一つない。サル山の猿にリーダーは2匹いない。オスでもメスでも必ずトップ争いが起きる、たとえ親子兄弟であっても。ディスカバリーチャンネルとアニマルチャンネルの番組を考えながら睡魔がやって来た。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.