今年は熊が里に下りる年?


今年は春から夜間温度が上がらない年でした。そのためにナスの成長は著しく遅く、5月下旬の定植時に一番花が開花していたのに収獲は1ヶ月近く掛かりました。通常は中島巾着3週間、梨ナス2週間で一番実がほどほどに収獲状態になるはずなのですが、異常果や落花という状況がシーズン通して続きました。また、花蜂(クマ蜂→我家の従業員)の飛翔が少ないことも気になりました。

ナスの片付け中に撮影。中島巾着とパセリ。全てのパセリには虫が一切つかなかった。

現代農業を定期購読している妻が、「害虫予防と病気予防に我家でも試してみたい」と、ナスの定植時にパセリ・ネギを株元に一緒に植えてくれたのですが、全ての株に植えたので、同植したものとしないものとの差が分らなかったのでした。

ネギも病気が出なかった。

販売用に栽培したネギにはハモグリバエ・ベト病が発生したが、ナスと同植したネギは、虫も病気も発生しなかった。 昨日夕方、ナスの片付け作業中に右目の下瞼をブト(蚋)に刺されたのか、本日朝起きたら目の下から頬にかけて腫れていた。お岩さんになっていた。プレドニン入りの薬を塗布。昔はブトがいる畑ではなかったのに環境が変化したのだろうか…。

畑わきのクルミ

今年は栗もクルミも大不作です。渓流釣りに行った際に魚野川沿線の地元ルアーマンと話した時に「8月からクマが川岸に下りていた。こんげな年は初めてだ。気をつけたほうがいい。」とのこと。クルミや栗が不作であれば、山のドングリ・トチノミ・山栗も不作なのは間違いない。5.6月の水不足、夜間低温、8月の雨続きなど原因は考えられる。梅も近年ないほどに不作の年でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.