今年のサツマイモ畑は生き物の宝庫


サツマイモの収穫が始まりましたが雨が多く思うように作業が進みません。長岡では「べにはるか・安納芋・べにまさり」を一番最初に栽培したのが我家です。以来、自家選抜の種芋で自家育苗を続けています。今年も8種のサツマイモを栽培しました。

 

安納芋・べにはるか、など珍しい品種や新しい品種は何年も売れませんでした。今では新潟県でも主流品種になっています。

サツマイモ畑で、メスのカマキリ

じっとしてくれないのです。自動焦点カメラは思い通りに写りません。防水防塵耐ショックの一眼レフカメラが欲しい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今シーズンはカエルの生息数が格段に増えました。周囲の畑が大豆生産組合により一面の大豆畑になったために、農薬のない湿度の多い我家の畑に逃げ込んできたためでしょうか。

カエルの前からは撮影できません。逃げてしまうのです。

本日は雨、真珠湾慰霊の打ち上げ花火の試験打ち上げの現場が我家の畑の傍なので、午前は長岡市と花火師と雨の中、現場で打ち合わせをした。午後よりサツマイモの洗浄作業の用意をして終わる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.