風邪の重症化とストーブ修理


半日仕事、半日寝込むの繰り返しで風邪が治らず一日中咳き込んでおり、妻から畑に出るのを止められています。仕方ないので本日は風邪を治さず石油ストーブを直すことにした。今年は薪ストーブの薪を集める暇がなかったので石油ストーブに頼ることになる。

コロナの石油ストーブSX-1870

4年ほど使用せずに作業場に置いてたために、埃と土をかぶって自動消火装置は作動しません。火力微調整も土汚れとサビで動かない。新品を買うのも勿体無い。今年の冬期出荷の里芋の保管小屋の温度管理はこの石油ストーブに頼るしかない。妻に「父ちゃん!寒くなると里芋が腐るよ!」と、せかされ直すことに。

適当に分解を始めて…

歳をとり、組み立て順を忘れることが多くなったので画像を残すことに。

土とサビ

機械も人間も適度に使って整備すること。使いっぱなしだったり、全然使わなかったりすると寿命が早いです。

この辺で、ネット検索

芯の交換方法がユーチューブにありました。コメリホームセンターが丁寧に説明してくれてます。簡単な構造なのに安全で長持ちする日本の技術力。不要になった日本の石油ストーブを回収業者が集めて輸出しているという話に納得しました。

芯に土が噛んでおりワンタッチレバーの火力調整が上下しません。

芯を取り外す方法が、火力調整レバーなのか、ダイヤルなのかで違うためにネット検索で手間取りましたが、レバー式だったのでコメリのユーチューブで解決しました。その他のネットでの説明はダイヤル調整式のものばかりでした。

灯油で洗浄作業が始まったらカメラ撮影はしません。
分解できるものは全て外して灯油で洗浄しました。

芯は取り外してイチゴケースに入れた灯油に浸しながら優しく歯ブラシで土とサビの塊を流します。芯を上下させる内筒と外筒はサビていたので400番のペーパーヤスリをかけました。仕上げは布で拭いたあとにエアーで灯油やゴミを飛ばして組み立てて終了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.