降雪前に畑の片付け


貴重な晴天が続いて2日目です。台風21号の信濃川増水での水流で倒されたゴーヤとトマトのクネ(支柱ネット)を片付けました。この畑は1.5メートル以上の川水に押されて支柱が折れたり倒れたりしたままでした。

支柱の半数近くが折れており使い物になりません。

トマト用の黒い日除けネットも川の濁流で泥まみれでしたので、畑に放置したまま雨で泥汚れを落としていました。上天気なので1時間程で乾きました。

 

ゴーヤのクネはほぼ全滅です。

今シーズンのゴーヤの収益が全て、来期の支柱の購入費にスライドします。

妻が大声で「ギャー」と叫んだので見ると、カラスよけに釣り糸を張っていた竹に…

百舌鳥(もず)の生贄(いけにえ)と云われるものでした。この竹は農作業用の資材調達のために畑の端に植栽してある太くならない竹です。釣竿などに使う竹です。我家では釣り糸を張る土台として、また園芸支柱を逆Vに刺した後に上部の連結棒として使用します。

カナヘビでした。自ら尻尾を切る前に絶命したのが判ります。

百舌鳥の生贄と言いますが、後で食べるための保管方法。モズの鳴き声を近くで聞くようになると晩秋を感じます。こんな所に上手に刺すことに関心します。竹もトカゲも片付けずに、このままにしておきます。

これが農作業用に適した竹です。太丸という鋏で水平に刈取りします。

鉈で刈ると切り口が鋭利になり歩くと足裏などを怪我する恐れがあるので水平に刈り取りします。竹の根元の太さは最大でも直径2cm程、農作業用として利用できる平均長さ平均4~5m。重量は乾燥すれば重くても300グラム程なので、園芸支柱を買って使うよりも安くて軽くて作業が楽。不要になったら土に還して肥料にします。今年は時間がないので枝落しせず、来春に持ち越しです。

片付け終わった畑と青空に残る飛行機雲
有形文化財の水道タンクと冠雪した守門岳

左下の守門岳が白くなっています。若い頃はこの守門岳から流れる五十嵐川・仮や田川・越後西川など数本の川に毎週のようにイワナ釣りに通っていました。自然の中で生きる楽しみを知りや知恵を受け継ぐ歓びは画像や文字言葉では伝えることはできません。中島の農業の歴史や中島巾着と本当の梨ナスの真実も、この畑に来た人にしか解りません。長岡巾着しか知らない人は本物と真実を知らないので長岡の伝統ナスを語ってはいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.