蕎麦だ!


野菜の美味しさを知るには素材の味を生かした食べ方をしなくてはいけません。そのまま生で食べるか、薄味の調理でたべなければ素材の味(香りも含む)を語ることはできないと思います。麺通の日本人ですが、麺そのものの美味さを味わうのは蕎麦が一番と思うのです。

新潟県の伝統作物の知識見識では一番であり蕎麦通でもおられる小田切さんから数種類の蕎麦を戴きました。画像右端「なが藻そば」は9月に戴いたものです。そういえば今年9月上旬に小田切さんと大阪府貝塚の北野農園さんと3人で魚沼巾着の圃場見学をした帰路に美味しい生蕎麦を食べましたし、一昨年の夏は、日本のナス研究の第一人者である森下博士ご夫妻と小田切さんと4人で長岡で有名な小嶋屋そばを食べました。蕎麦通の方から送られた蕎麦ですので食べ比べ味わいたいです。我家も全員蕎麦好きなので嬉しい頂き物です。

おととい夜からペール缶を利用したロケットストーブを製作していました。本日お昼に完成。

試験焚きは成功。全て廃材。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.