農業と砥石の重要性


今年7月、関西大手の接着剤会社の社長さんと御縁があり、我が家のナスや枝豆などを購入していただきました。砥石に詳しい社長さんで、『砥石』談義になり何度か話したところ、10月に高価な砥石をいただきました。農作業に刃物の切れ味は効率を左右する課題です。使いやすい刃物であることはもちろんのこと、切れ味の回復は刃物の価格に関係なく重要です。

良い道具は仕事を楽しくさせてくれます。砥当たりの良い刃物は良く切れるのです。

天然砥石ですので和刃物(打ち刃物)の研ぎに使います。ステンレスの刃物にはダイヤモンドシャープナーを使用しています。農業刃物には鍬・鎌・包丁(ナイフ)・鉈・ハサミなどがあります。鍬は刃物でないと思っている人がいますが、鍬というのは刃先に鋼を使用しており、土を切るのです。土というのは微細な石ですので鍬や鎌などはすぐに刃先が鈍ってしまいますので、道具の良し悪し刃物の製造技術の差がすぐに判別できます。農業用の刃物は通常の刃物よりも長く切れることが重要であり、自分で研げなくてはなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.