27年前の中古トラクター


11月に知り合いのリサイクル業者から27年前の13.5馬力のトラクターを買いました。
15.5万円でした。畝立て専用に、このサイズのトラクターが必要でしたので、現物を見ずに写真で判断しての購入でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
約600時間使用の中古、ハンドルもヒビ割れていて交換しないとケガをしそうです。

現物確認をしないリスクの高い買い物でした。
①尾輪がついてなかったので耕転作業は左右均等になりません。
②ロータリーの爪が細くなり折れたり曲がったりしてます。要交換
③バッテリーが寿命でした。5400円
④ハンドルが3箇所割れている、後に要交換予定。
⑤エンジンオイルがほとんど交換されていない。勿論オイル交換しました。2.5リットル。
⑥オイルエレメントも同時交換。1080円
⑦エアクリーナーは掃除で済ます。 驚きの酷さでした。 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ギョェ~籾が目一杯詰まっているじゃないか~
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
いったい、何があったのだろうか・・・
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ラジエター右上の空気取り入れ口奥にもたっぷりと籾が詰まっていた・・かじられたゴムパイプが出てきたので犯人はネズミだと確信。

⑧ロータリーのギヤオイル不足。補充0.3リットル
⑨前輪ギヤオイルが白濁…キャップが外れかけており水が浸入していた模様。資金不足なので後日交換。
⑩クーラント不足で警告灯が点灯。後日補給予定
⑪左右サイドパネルの止めネジのプラスチック部分が劣化してボロボロ壊れる。
まだ、色々と問題が出てくるかもしれませんが、収入が少なく程度の良いトラクターを替えないので仕方ありません。リサイクル業者から購入する場合はノークレーム・ノーリターンが鉄則ですから、オークション同様にそれなりの覚悟が必要です。自分で整備できる範囲の状態であるかどうかを確認してから購入するべきです。
このトラクターは山間地域で使用されていたことがキーホルダーの名前から判断できました。後輪に比べて前輪の減り具合が進んでいることから、4駆にして頻繁に回転の必要のある狭い圃場専用だったらしいので、前輪のオイルシールも寿命が近いかもしれません。しかし後輪の車輪間隔を調整できるのは嬉しいことです。
年式、値段なりの状態だと思います。来シーズンの活躍を期待して格納しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.