かけがえのない従業員 蜂


9月2日、日帰りの日程で県外の農家さんが我家の畑を見に来られた。 ほぼ一日、ナスについての話をしたのだが毎日のブログ更新の意義を教えていただいた。新潟におけるナスの変遷と名称変化は複雑であるので事前に予習をしてもらってきたので、短い時間でありながら余計な説明は不要であった。熱心で人当たりの良い好青年である。楽しい一日であった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
太陽が出ている間は無償で働き続けてくれる。人間を刺すことはない。自然に生かされ共存しているという実感を与えてくれる百姓の大切な仲間だ。農薬を控える畑を覚えていてくれるようで数え切れない蜂が来訪してくれる。今年の農薬散布はうどん粉病に1回防除しただけである。彼等が働いてくれるから我家ではナスにホルモン処理を一度もしない。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.