カテゴリー別アーカイブ: 種について

初仕事は、ナスの採種から

年末・元旦と雪が降らず、曇りか雨という天気でしたが本日昼ころから牡丹雪になり気温も下がったので、初仕事は風呂場での採種作業にしました。10月、畑の後始末時に思いつきで採っておいた中島巾着2個を玄関の軒先に置いたまま腐敗させていました。丸3ヶ月経過して腐敗臭もありますが、成熟した種は腐っていません。長岡巾着ナス15年の歴史とは明らかに違う100年の歴史を伝える本物の種です。

ハエの蛆もいました。雨水は当たらない場所ですが、茄子自体の水分で2ヶ月程度は水溜りのようになっていました。昨年、鉄腕ダッシュで150年間泥水の中にあった瓜の種が発芽した…という内容に疑問を持ったが、今回のこの茄子の様子から見て素人判断はしないほうがよさそうだと判断。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ビニールハウスに1つだけ成っていた賀茂ナスも追熟した様子。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

素手にて半割りにして確認。発芽能力は充分。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

水温30度ほどのシャワーでゴミや汚れを落とすが茄子の腐敗した特有のドブ悪臭がした。気温1桁の浴室でなかったら嗚咽していた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ザルの網目に擦り付けるように小さなゴミを落とす。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

同じ茄子の木から採った実でも1つ1つ性質が違う。同じ種実から採った種も1つ1つ性質が違うのが中島巾着。100年以上前に小川文四郎さんが長岡人に受け入れてもらうために、長岡に元々あった在来種と巾着ナスを交配させたといいます。その種しか現存していないために他の茄に比べて変質しやすいのです。「梨ナスは他の花粉がついてもそんげに変わらんろも、丸ナス(中島巾着)は他の花粉がつくとすぐ判る」と言われてきました。遺伝の法則が出るのでしょう。

元来、野菜のなかで茄は性質変化しやすい野菜であるという。それだけに伝統野菜を残していくには地域の歴史を知る者と伝統野菜に直接深く関わって来た者がそれを伝えなければならないはずなのだが…長岡は違う。

ナス種の選抜について

昨日夕方、ミゾレ交じりの雨の中をチェーンソーで薪伐りを終えた頃から雪に変わり、今朝は気温0度積雪10cm程度でした。昨日の天気予報で大雪予報が出たので、昨日は信濃川増水後の左岸農道が泥道のままなのでトラックがスタックして脱出できない場合、トラクターで牽引するために畑に置いたままにしていた13馬力のヤンマートラクターを回収し、大根収獲用に畑に置いていた運搬車を回収したりで体は冷え切り、帰宅後に入浴食事後は疲れで寝てしまった。

今期、ナスの生育は長岡市においても新潟市においても不作だった。植え付け前から低温であるのを小田切さんと話していたのだが、シーズン通して低温の影響が顕著であった。

今年一番期待していた選抜種。

例年通りであれば、選抜した中島巾着(土田系)の性質が他の土田系・米重種店の小林六郎系(平成25年採種)・県保存の米三種苗の丸山系(昭和62年保存)と比較できたのだが、今年の天候では比較することができなかった。自根であることが採種条件であるので今期のような年は早期のうちに褐紋病が蔓延してしまったことも採種断念の要因のひとつである。ただし、全てのナスが枯れた後に黄色く成熟した特徴を備えた形の良い種実は、もしもの時のために採っておいたが余程のことがない限りは播種することはない。来年は今年と同じ種を同量播種して比較調査のやり直しである。梨ナスを含む水ナス系の比較調査は悪条件のなかではあったが、非常に興味深い面白い結果が出た。この結果を見ることができたのはひとえに米三種苗の鳥越さんのおかげである。

種芋(里芋・八つ頭)の保存

豪雪地長岡において野菜専業の百姓として200年の歴史がある土田家では、様々な種を自家採種し続けてきました。失敗と成功を重ねて独自の種子選抜と保存方法が確立しています。我家の里芋の保存は長岡に於いて特異であり理に適った方法です。通常の保存方法は倉庫やビニールハウスに山積みにして籾殻とワラで囲う方法が殆どです。

①茎葉を鎌や機械で処理します。
②芋を掘ります。

例年はトラクターに掘り取り機を装着しますが、今年は信濃川の増水により手掘り作業でした。先代は生前、三本鍬を振り下ろして1人で掘っていましたが、俺は体の負担を減らすために妻と2人で画像のようにして掘ります。4本爪のフォークを里芋の両脇に刺して、持ち手部を下に押し下げます。

③2人で両側に突き刺したフォークを軽く押し下げるだけで里芋が浮き上がります。

2人で作業することで体への負担は半分以下になります。体感的には1人で掘る時の30パーセント以下の労力に感じます。

④シャモジで土を落とします。

土を落した里芋はコンテナに詰めて家まで移動します。

⑤倉庫(小屋)にある種芋専用の保存穴に芋を入れる準備をします。大昔は土壁だったようです。

里芋・八つ頭・長芋・生姜など適度な湿度温度を必要とする種芋は地中に保存するのが理に適っています。四側面はコンクリートですが底は土のままです。湿度と温度を安定させるために底面は塞ぎません。雑菌の繁殖を防ぐためにクッション材として籾殻を入れる前に、藁を少し入れて燃やして熱と煙で殺菌します。画像は籾殻を投入した直後、籾ガラを10センチ厚程度に均します。

 

⑥株部を上にして種芋を次々に載せていきます。

四面コンクリートの周囲は藁で断熱します。種芋を重ねていく途中、時折籾殻をクッション材保温材として投入します。

 

⑦通気性から藁と籾殻は最高の資源利用です。

降雪期は外気零下になることが度々ありますが、地中の温湿度は種芋が腐ることのない状態です。最後にコールタールを浸み込ませた厚さ4.5センチの栗の木で作った板を数枚並べて種芋穴を閉じます。余程のことがない限りネズミは侵入しません。

中島巾着を「丸なす」と呼ぶ人は本物

本日、今シーズン最後の中島巾着の収獲。褐紋病によって木が弱っていたのでシーズン通して収穫量も少量であった。褐紋病対策を8月上旬に新潟県で一番の知識を有している小田切さんに相談したところ、「適応農薬がないので、効くかどうかわからないが、消石灰を水で薄めて散布してみてはどうか」とのこと。何とか持ち堪えたものの、健全な生育とはならなかった。450本のうち何とか元気な木が数本残っており、そのナスは握り拳大まで病変が出ていないことから、健全な圃場であれば、芥子ナス用の中島巾着がまだまだ収獲できたはずである。

本日、夕方にお客さんから「芥子ナス用の丸ナスを2キロ。ねぇろかのぉ?(ないですか?)」と電話があった。梨ナスでは代用にならないという。丸ナスと呼ぶ長岡人は本物の中島の丸ナス(中島巾着)の味と形をシーズン通して知っているのです。

本当の梨ナスも木が枯れて本日収獲終了。黒系梨ナスはまだ収獲が続きます。梨ナス2品種、これだけ性質が違うのだから根本的に品種が違うのは当然であり遺伝子レベルで調査できたら面白いことになると思う。

中島の採種知識と本物を継ぐ最後の百姓となった我家の責任は重い。2016年採種した中で一番期待した選抜種苗。

今期の採種は病原菌の恐れから採種はしなかった。

試験的なナスの畝

画像は今年6月の梨ナス(水茄系)の畝。水茄が先祖である梨ナスにとって夏の渇水期は品質が落ちる時期。潅水設備のない河川敷で水を効率良く流すには畝の中心部を凹ますのが手っ取り早い。

雨続きには病気の元になる畝形状。

トラクターの成型機巾1.1メートルの畝を作り、畝の真ん中を耕運機でロータリー正転後進してロータリー巾50センチ、深さ5~10センチほどの溝を掘って黒マルチを張った。苗を植えた後に、水が溜まる箇所に小さな穴をあけた。渇水期にはトラックで運んだ井戸水を畝の端から流す。 以前は運搬車に水タンクを積んで、移動しながら潅水していた。先代は生前、高畝にしなかったのでそれに倣って畝高15センチにしてみた。本年は十全系ナス(本当の梨ナス含む)と中島巾着と泉州水茄(種苗店で購入のF1)に褐紋病が多く発生したが、黒系梨ナスは被害が少なかった。中島巾着以外は同じ畑で栽培しており、同じ畝に植えた十全と黒系では見た目の差が歴然としていた。十全系と泉州水茄は近い性質を持つ現われであろうか。すると黒系梨ナスは泉州水茄とどのように違っているのだろうか。大阪でも今期は路地栽培で褐紋病が多発したという話を聞いている。

小さく植えてシッカリ根を張らせる。

同じ水茄の系統である梨ナスであるが、販売している種屋で梨ナスの性質が違うのである。この面白さはシーズン通して何年も栽培比較するから解る面白さなのである。長岡で最初に黒系梨ナスの種を販売したといわれている高橋種苗店(随分前に閉店)の梨ナスを今期100本程度栽培したが(土田は初めてこの種を入手)、交雑が激しく進んでおり、梨ナスとして販売するには無理であった。忙しい身の上の俺に10~20本程度の栽培では性質観察はできないと考える。

梨ナスというには無理がある。

画像の黒系梨ナスは様々な品種が入り混じった状態であり、丸ナスや巾着(長岡巾着なのか中島巾着なのか長岡ナスいずれが交雑したのかは不明)が交雑しているので、初期~終盤まで形が安定せず、トゲも大きく皮は厚く硬い。真円形も多々発生した。梨ナス特有の形も発生した。この種からのナスと栽培現場は大阪の生産者さんに見せただけなので、来期は新潟県の研究者レベル複数人に見てもらうべく数十本を栽培してみようと考えている。

本物を知る人

久々に更新します。我家を含めて、中島地区の専業百姓は3軒です。もう一軒、代々野菜百姓をなさっておられる方がおられますが、定年帰農で自家消費生産の水田さんです。90歳以上になるまで現役で自家採種して頑張っておられたお父さんが他界されてからの帰農でした。

中島の百姓の基本は自家採種。大正時代には中島の百姓が組織した「種苗組合」も存在しており、市内の種屋が種を仕入れに来ていました。土田家に現存する大正・昭和の売り掛け帳は、長岡市唯一の野菜の歴史を物語る宝であると思う。その中には老舗の有名料亭・有名料理屋の名前が連なっている。中島巾着の中でも「重兵衛なす」と長岡大手通りの「五十の市(ごとおのいち)」で有名を馳せていた事実がある。

現代に於いて、「巾着ナス」とか「長岡巾着ナス」と呼ばれているナスの殆どは、丸味が強くて実が柔らかく扁平にも巾着にすらならない性質である。長岡野菜ブランド協会が中島巾着を元に丸いものを選抜していった結果である。もう元には戻らないほどに性質変化し、伝統とは遠くはなれた伝統破壊した巾着にならない巾着ナスの末路である。種屋が県外の採種業者に種取りさせているのではそれも当然である。

食べ比べてもらえば判るはずであるが、「本物の中島巾着」を知る料理人は少ない。「長岡巾着ナスを伝統野菜だ」と言い張って憚らない30代40代の創作料理人や仲買人が巾を利かせているのだから情けない。

今年7月中旬、「土田さんの茄は販売しているのですか?売っていただけるのであれば畑を見させてもらえませんか?」と女性から電話がありました。シェフ(料理人)と2人で来るということでした。中島巾着と梨ナスを畑で説明して中島巾着と長岡巾着ナスの違い・種屋の梨ナスと自家採種で作り続けてきた梨ナス2系統の違いを説明して、「食べ比べれば判ります」と言って畑のナスを持って帰ってもらいました。後日、シェフから電話で「今まで長岡の業者から買っていた長岡巾着ナスとは全然違いました。中島巾着と本当の梨ナスを送ってください。」とのことでした。野菜の味とは微妙なものですが、その違いを判断できる調理人はなかなかいません。本物を見分ける能力の高い一流のシェフと出会いました。

我家の中島巾着は、長岡で初めてこのナスを栽培した小川文四郎氏の子供さんが購入し続けていた。そして中島巾着の名前を全国に紹介した瀬古龍雄氏が唯一認めた本物の中島巾着である。

 

糸瓜(いとうり)の種

長岡の糸瓜について6代目の父親は、大まかに4種に分けており、そのうち2種を良品として系統保存していました。

6代目の手書き封筒

細長形である糸瓜、平成18年採種。瓜の文字が爪と間違っている。

忙しかったのか薄皮がついている

俵型の糸瓜、平成18年採種。自家採種は歴史的に充分な知識の蓄積があって初めて成される事です。単に採種するのは誰でも出来ることですが、昔からの性質を受け継いでいる種を残すには世代を超えた知識経験の蓄積がなくてはできません。

父親達は前年度に採種した種から野菜を育てて「違いを発見したら種を戻す」ことをしてきました。「種を戻す」とは、違いのある前年の種を廃棄して数年前に採種した種まで遡って改めて播種することです。百姓が種の伝統を守るには1代2代では築けない土台と歴史があってのことなのです。

地元の種屋さんが百姓の畑を廻って野菜を見て食べることをしなくなり、サカタやタキイなどの大手種苗会社の単なる販売店になってしまい、昔からの自店の種を忘れてしまう時代になったのは、本当の百姓が減って農家が増えたためだと思います。俺は行政や青果市場に馬鹿にされても、親父達のような頑固な百姓として一生を全うするつもりです。

 

 

中島巾着1回目の種まき

平成29年度1回目に播く種は9種

巾着ナスの栽培は明治期に中島から始まり、昭和以降に次第に市内に栽培が広まった。種は中島地区百姓が種屋に卸していたが稲作農家や一般人には野菜の苗起し(育苗)が難しいので中島の百姓に知り合いがいる人は中島の百姓から苗を買っていたという。

今年の種は2014年の土田系5種のほか2016年に急遽採種を決めた画像左端の袋「典型的中島巾着の性質が初期~最終期まで続いた木の種」と、2014年に県園試から戻してもらった丸山系の採取選抜種。県園試の中島巾着種は13種類のうち形質優先を1種・耐病性優先を1種選抜した。

6代目が遺してくれた貴重な栽培記録

農作業には口伝と文書があるが、口伝の場合は他言無用の百姓にとっての企業秘密が多い。栽培記録と合わせて作業すると歴史と経験に培われた隠された秘密が見えてくる。巾着ナスも梨ナスも性質が解らない者には「巾着ナスの栽培は難しい」と自慢するように言う。鉄腕ダッシュに出演した古正寺の稲作農家がそれだ。大島地区の米重種苗で巾着ナスの種を買っていたというK・Kさんその人ある。

巾着ナスの性質を知らないから栽培が難しいと言うのだ。中島の百姓は誰一人「むずかしい」とは言わなかった。

春の彼岸が播種の目安である。

3月15日、「1回目のオクナス播き」。欲深い素人ほど早播きをして儲けようとするが、それが失敗の元。おまけに実も種も性質を変えてしまう愚かな行為でもある。鈴虫寺では一年中鈴虫を鳴かせるようにしたというが、本来の鈴虫の性質を変えることで通年虫音が聞けるのだ。

「種蒔きは彼岸前にするな」7代続く野菜一筋の我家の教えである。2回目の播種は3月下旬~4月上旬。何かしらの理由で1回目の発芽が悪かった場合を考慮して3月15日という少し早い時期に播種しているのだ。

 

 

 

 

ナス種の箱播き

平成29年度のナスの播種が昨日より始まった。昨年、屋上の播種用ハウスを解体したために今年は地上のビニールハウスでの播種になるが、周囲の木々や建物で日照や温度管理が難しいと考えたので、ポット播種と箱播き両方で行うことにした。

セルポットは梨ナス128穴。中島巾着72穴。

100円ショップの3連タッパーに種とジベレリン液を入れてある。自分で交配した試作品種(F1)と祖父の代からの中島巾着、俺が繰り返し選抜した種。ピンセットで1粒ずつのものと、種の状態を見て2粒ずつのものに分けて種を置いていく。2粒のナスは発芽後に良いものを残してハサミで間引く。箱播きは種のムダが多いが選抜する重要性からは理に適っている。今年は中島巾着を早播き(本日)・標準播き(3月末~4月上旬)の2回にしてリスク分散することにした。

箱播きは場所の関係で苗代箱を代用

6代目の父親が元気な頃は箱播きのみであった。苗箱深さも8センチと深かった。発芽後一回目の移植で苗の選抜、後に2回~3回の苗の選抜をするので、多い年には計4回の苗選抜をしていた。しかし、根の活着に時間を取られてしまう。母親や俺達夫婦の4人作業だったからできたこと。この選抜こそが中島巾着の性質維持の要。他地区の農家や種屋には絶対に真似できない技術(代々受け継いだ門外不出の経験からの知識)である。本物の百姓の技は外の地域には出なかったのだ。本当の伝統を知らない者が嘘の伝統を自慢する長岡市の現状を祖父達が見たらなんと言うだろうか…

箱播きで種が散乱しないように向こう側に白いパネルを立ててある。

明治の記録では、種を微温湯に暫く浸し置き、それを口に含んで播き床(箱)へ吐き播きするとあるが、これは難しい。また当時の温床熱源は発酵熱なので管理に苦労したであろうことが良くわかる。それを明治期~昭和20年代まで中島の百姓達はやっていた。 だからこそ長岡で一番の野菜技術者を有した中島地域の百姓が長岡市史や新潟県栽培記録に記されているのだ。農家と百姓の違いである。種も知識も受け継いでいるものが根本から百姓なのだ。

 

 

 

 

 

播種準備のジベレリン

食紅で色がついてます。

自家採取は採種状態や保存状態で発芽率が変化します。俺が恩師と仰ぐ小田切文朗さんにジベレリン処理の話を聞いてからというもの、ナスを筆頭に自家採種した種を播種する前には必ず行うのです。

新潟県伝統野菜研究の第一人者であった瀬古龍雄さんが小田切さんに教えたという言葉を教えてもらいました。「ナスの種は採種して1年おいてからの方が発芽率が良い」 箱播きで播種していたころには気付きませんでしたが、セルポットを使うようになって納得です。でも、選抜採種試験を行っていると一年を待てないのです。

父親や地元野菜専業百姓の先人達からの教え、専門研究者から教えてもらえることの幸せを感じる。最後の中島の百姓家であるからであろうか、昔は隣家でさえも栽培のノウハウは教えてくれなかった中島地区の百姓達でしたが、最後であることからか色々な情報や教えが集まるようになりました。長岡のナスの第一人者を自負できるまでになりました。