カテゴリー別アーカイブ: 自作農具・便利農具

里芋専用包丁

新潟県の与板鍛冶に手伝ってもらい俺が打った里芋専用の包丁です。20年ほど前になりますが、与板鍛冶に手打ち刃物を教えてもらえるイベントで作りました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ケースは「カイダック」というもので熱で変形させるのが簡単な材質です。普通の電気オーブンで加熱してタオルで包んで包丁に被せて成型。刃の全長は長いように見えますが、実際の鋼部分は10cm・鋼刃部分は約7cmです。柄には土汚れでも発見しやすいようにアルミをビス止めしてあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スプーンで土をすくい取るような感じで使いたいので湾曲させてあります。刃面と背面の両方を使うので芋を傷つけないように背面は丸くして、ヨレや曲がりに強くするために厚み3mm程度にしてあります。鍛冶屋さんが2人掛かりで相槌で粗型を作ってもらい、その後に俺が重たい片手槌で何度も火入れして成型しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

指先部分に曲がり線がうっすら見えますが、線から右が刃金。鍛冶屋さんに指導してもらってホウ酸接合した部分です。指先の線から左は握り部分と同じ軟鉄ですので、刃付けしてもすぐに切れなくなります。「裏すき」という工程もしてもらいました。焼き入れは色変化を見ながらタイミングを教えてもらい、焼き戻しは180℃という目安で水が玉になってはじくのを確認して自分で行いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

先端部は丸型にしてスプーンのように。刃付けは帰宅後に自宅にあるベルトグラインダー(バーキング)で焼き戻りしないように巾2cm長さ7cm削厚2mmで刃付けしました。刃金は青紙か白紙か忘れてしまいました。刃の硬度はもう少し低くいほうがよかった感じです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

使い方。手の力だけでは崩せない時が出番です。土で埋まっている芋の隙間に包丁の先端を差込んで、こじるだけ。刃と背の向きを使い分けます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こじっても芋が取れない時は刃部で切ります。湾曲していない普通の薄い包丁ではこんな作業はできません。作業内容や自分の癖を知っているから「こんな道具が必要・あれば便利」を形にできます。良い道具・便利な道具は仕事を綺麗に楽しく変えてくれます。自分で考え作った道具は愛着も違います。伝統の農具は形も使い方も地域性があり必要性から生まれ受け継がれてきた歴史の裏打ちがあります。たった一人の農民の思いつきが、鍛冶職人の技術と融合して地域伝統・あるいはその百姓家だけの特別な農具になってきました。与板鍛冶がいるかぎり我家の伝統農具の修理や創造は続きます。

農業と砥石の重要性

今年7月、関西大手の接着剤会社の社長さんと御縁があり、我が家のナスや枝豆などを購入していただきました。砥石に詳しい社長さんで、『砥石』談義になり何度か話したところ、10月に高価な砥石をいただきました。農作業に刃物の切れ味は効率を左右する課題です。使いやすい刃物であることはもちろんのこと、切れ味の回復は刃物の価格に関係なく重要です。

良い道具は仕事を楽しくさせてくれます。砥当たりの良い刃物は良く切れるのです。

天然砥石ですので和刃物(打ち刃物)の研ぎに使います。ステンレスの刃物にはダイヤモンドシャープナーを使用しています。農業刃物には鍬・鎌・包丁(ナイフ)・鉈・ハサミなどがあります。鍬は刃物でないと思っている人がいますが、鍬というのは刃先に鋼を使用しており、土を切るのです。土というのは微細な石ですので鍬や鎌などはすぐに刃先が鈍ってしまいますので、道具の良し悪し刃物の製造技術の差がすぐに判別できます。農業用の刃物は通常の刃物よりも長く切れることが重要であり、自分で研げなくてはなりません。

ヘッドライトの活用

夕暮れが早くなると必要なのが頭につけるヘッドライトです。日没後は気温が一気に下がります。先週金曜日は夜7時まで里芋の収獲作業をしたために風邪をひいて4日間寝込んでしまいました。本日は午前中の仕事で午後からだるくて寝てしまいました。

左は800円の12灯で4段階点灯。右は1500円の3灯式で段階無し。

LEDのヘッドライトがホームセンターなどで販売されるようになって10年以上になりますが、それまでは、釣具店で販売していた単3電池4本使用の豆電球タイプの暗くて重いヘッドライトを使っていました。現在は明るくて軽くて長時間点灯し、単4充電電池3本で8時間連続使用できる耐久性に優れたLEDライトが色々あって良い時代になりました。

画像では左の12灯が明るく見えますが実際は右が明るい。左のタイプのものは数個買いましたが壊れやすく、右のは丈夫です。ライトの無い立ち乗り運搬車に乗って移動するにも右のヘッドライトで前方を安全に照らせます。

1個単位のLEDの照度が違うことと、レンズの有無により、実際に畑仕事をするには右の3LEDタイプのほうが手元から数メートル先まで光が集束しており明るくて見やすいのです。発光量が小さなLEDを何個集めても一個当たりの発光量が多いLEDにはかなわないようです。価格と実用性を考えると防水防塵で充電単3電池2~3本・または充電単4電池3~4本の2000円程度のヘッドライトで充分。

保存用の里芋の土落し

冬期間の里芋出荷は、今頃に収獲した里芋を株ごと土付きで保存しておかなくてはなりません。「土付き」といっても、程々に土を落としておかなくてはなりません。この土落し作業に便利なのがシャモジなのです。

通常の物より一回り小さなご飯用シャモジです。

指で土落し作業をすると関節を痛めてしまいますが、シャモジは芋を傷めずに作業できます。里芋の周りに付いた土が多いと、冬の期間に雪の中を度々土捨てに行かなくてはなりません。収穫後の移動や保管場所のスペースを考えても、畑である程度の土落し作業をしておくのが積雪地域の里芋保存となります。

 

種まきゴンベエの改造

トウ菜(ひゅう菜)の種まきが完了した。種まきには毎年、ゴンベエを使用しているが、土切り・溝きり部分に土が付着したり、サビによって性能低下をして余計な手間が増えているので、土の付着防止に5mm厚のジュラコンをカットしてネジ止めしてある。(10年以上前に改造)精密機器会社の試作を下請けしていたので、樹脂の知識と技術がこんな時に役立つ。

雑草などの残渣が残る畑に使用するディスク。

ステンレス製のデスク版が2枚、回転しながら種の落ちる溝をつけてくれる。ゴンベエに標準装着してある溝きりは三角の筒が、土を押して溝を切るために畑に残渣があると、残渣が引っかかって種が畑に落ちなかったり、種を引っ張ってしまう。オマケに錆びる鉄製である。

亜鉛メッキも15年もすれば錆びてしまう。

錆は土の付着を誘う。この白い板は土の付着を程好く防止してくれる。折り曲げ不能・接着不能の材質なのでネジ止めが条件。ステンレス皿ビス止め。

このように残渣が引っかかってしまう。

種が落下してくる場所に残渣が入り込むと種が畑に落ちることはない。

上記のことに気付かずに作業して、数日後に発芽していないのが判ったときの落胆は書くまでもない。播種期ギリギリにこんなことになったら、もう収獲できません。

ディスク版は錆びないうえに、残渣を土中にめり込ませてくれる。

このディスク版の部品を知ったのは4年前だったろうか…農機具の展示会で発見した。効率の良い作業をするには展示会で各会社の担当者と話すことだと思う。

除草剤を使わないニンニクと名鎌

畝長さ60メートル

除草剤を使わなければ草は伸び放題です。だから手作業で草取りをします。この手間を惜しんで除草剤を使ってもニンニクの値段は変わりません。生産者も消費者も安心な野菜を作るのが病気の辛さを知る百姓のつとめです。

草根と土が一緒に良く切れて、長い時間研がずに済む鎌を使います。夕日を背に頑張って草取り。

良い鎌で草取りするのは楽しいものです。本当に良い鎌というのはなかなか出会えません。試しに使ってから買うことができれば良いですが、それができないのが鎌です。腕の良い職人が打った鎌でも一丁一丁当たり外れがありますし高価です。長い年月色々と鎌を買って使ってきましたが、量産品で廉価で品質の安定した長切れする鎌はたった一つでした。豊稔という会社の黄色い柄の鎌です。これは10年位前に農協で試しに買った1本でしたが、切れるうえに長い時間使っても研ぎなおししなくて良い。石に当たっても刃こぼれしないうえに刃に粘りがある。こんな鎌は初めてだったのでマトメ買いしようとしたら売り切れ…もう入荷しないとの事でした。あれから長いこと色々買っていますが、あの名鎌と同等のものには出会えず、数回使っては放置している鎌が増えています。ダイヤモンド砥石は600番400番180番です。

ネットで調べましたが、10年前と見た目の似ている鎌が同社で販売されていましたが、昔のとは若干違うようです。今現在の鎌は表面に鋼がついている豊稔の鎌です。この会社は他社に比べて品質が安定してますが、やはり一丁一丁違いがあるのです。冶金学とは奥が深いです。

ニンニクの草取りは2日半掛かりで終わりました。サビ病の発生があるので防除をしなくてはなりません。父親が作ってきたニンニクなので品種は不明です。

セルトレーの土入れ道具

土入れ道具(左)。右の緑色のは手箕

セルトレーがピッタリ入るように3mm厚のカイダック樹脂で囲い固定、底板の5mm厚合板に取り付けてある。培土をトレーの上に載せて板で摺り切る。余った培土は右横に落とす。

たったこれだけの手作り道具だが、培土があちこちに落ちないし作業効率が上がる。5mm厚の合板で軽くて強度も充分である。製薬会社のCM同様に「あったらいいな」を形にするかしないかで仕事の能率は変わるし、体への負担も軽くなる。でも特許や実用新案になるようなものはブログには出さないのです。

温床線の断線確認・テスターの必要性

6代目が倒れてからビニールハウスを一棟に減らしたために、毎年、温床を解体してケーブルを取り出しているために耐久性の点で断裂している時がある。一昨年のこと、数日かかって120メートルのケーブルを埋設してから電源を入れたが、断線していたらしく通電しなかった。折角埋めたケーブルを取り出して新しく買ったケーブルを埋設した経験から、毎年テスターで通電テストをしてから埋設している。

三相200Ⅴ

三本線なので、いずれか1つにマイナス側をつけて、残り2つの差込みにプラス側をつけて針が振れれば断線していないことになる。

3年前に断線した120メートルの温床線の再利用を企んだが…

120メートルの断線したケーブルを半分の60メートル付近で切断して2本に分断して使える側があるかも知れないと考えた。切断箇所のニクロム線を出してテスターを当てる。

結果は、2つとも通電しません。

昔の温床線は柔軟でしたので毎年の温床解体に対応できていましたが、農家の減少と比例して数社存在した農業温床ケーブル製造会社は撤退していきました。現存している会社のものは通年固定式に向いているケーブルが多く、毎年の温床解体には難があります。常時埋設式のビニールハウスにする必要があります。悩…。

畝上作業に必要な道具です

あと2ヶ月すると畑に畝を立てる作業が始まります。春の畝には保温と防草のためにビニールマルチを張ります。

キュウリ・トマトなどの栽培では作業上、どうしてもビニールマルチの畝に体を載せなくてはならない仕事があります。当然ですが、マルチが破れたり凹んだりするので神経を使います。そこでこれが必要になり作りましたが、随分年数が経ちました。

ベニヤ板と廃棄アルミ材。必要に迫られて思いついたので30分で作りました。

画像の板を畝の上に置き、その上に乗って作業するので、畝が凹んだりマルチが破れたりするのを極力防ぐことができます。 軽いので移動も楽ですし、壊れても苦になりません。材質からして60体重キロが限界でしょうか。

5mm厚ベニヤ板を約50~60cmに切断。四角をR加工。ビニールマルチに引っかからないように全切断面角をヤスリで面取り仕上げ。 取っ手は廃棄されたキャンプテーブルのアルミ部品をネジ止めしてあります。

 

畑仕事に必須の道具です

伸縮できる孫の手

農作業は手が汚れます。 とくに雨の日などは背中や顔が痒くても泥土で汚れた手で背中を掻くことはできません。 顔にしても、濡れたり汚れた手で掻いてしまうと余計に痒くなってしまいます。特に50代に突入すると体全体から油分が消えて乾燥肌になって四六時中痒くなることもあります。

そんな時に、「孫の手」は絶対的なチカラを発揮します。スッと伸ばして襟元から痒いところに手が届くことの有難いことと言ったら…。雨具を着ていても、汗でシャツが肌に張り付いていても、手袋をしていても掻き掻きできる快感が満足感に変わるのです。

トラックには百円の竹製孫の手と、この伸縮孫の手が常備してあります。伸縮性のものは280円で工具ストアで購入しました。年々、背中に手が回らなくなっているので、伸縮孫の手はトラックだけでなく、長時間の外出時などのカバンにも入れていきます。

この伸縮孫の手は、畝に立てた支柱にネットを張る時などに使ったりもします。

農作業をする人は、車に用意したらよい道具のひとつだと思います。