カテゴリー別アーカイブ: 農機具

中古の野菜結束機の整備に1日掛かりでした。

販売されている野菜結束機は何種類もあります。簡単な機能で安いものは5000円程度から、「たばねら・おびまる」のような4万円近い物まであります。最近では電動式の高価なものまであるようです。

これまで我家は、100円ショップのセロテープ台に無理矢理、結束テープを入れて、全て手作業で野菜を結束していました。 しかし、あまりに作業時間のロスがあるので、中古の結束機を買うことにしました…しかし、中古でも状態の良いものは1.5万円が相場です。油と土汚れと錆が入り混じっている中古物で送料合わせて3000円しないジャンク品を整備前提で買うことにしました。

稼動部が固着していたり、野菜結束機全体からエンジンオイルが腐った匂いまでしていました。このままでは全然使えません。

分解洗浄前。ゴム部品は触っただけで変形するほどに劣化している。ここはビニールパイプ(ホース)とABS樹脂を加工して取り付け予定

即、全分解と灯油での洗浄を決断しました。リサイクルの鬼の異名をとる者としての心が燃えてきました。

洗浄後の画像。組み立てやすいようにブロックごとに部品を分けて洗浄しました。

初めて扱う品物なので写真を撮りながら分解し、ブロックごとに袋に分けてから順番に灯油トレーの中でブラシで洗浄。仕上げにパーツクリーナーで灯油を落としました。

年を重ねるたびに記憶力が衰えているので、分解時の画像記録は必須です。

歯車が汚れて固着によりローラーが回らなかった部分。洗浄後の組み立て後画像

歯車が空回りする状態でなければならない仕組みでした。

回転部分なのでグリスアップしたところ、歯車がグリスによってくっついてしまい戻らなくなったので、グリスを落として再組み立てしました。この機械は回転部も注油だけでいいみたいです。

錆で汚れた台座は在り合せのラッカースプレーで白く塗装しました。新品なら4万近くですが3千円と1日で野菜結束機が使える身分になりました。

塗装が乾いたら歯車の稼動部サイドカバーと、テープ用の中間支柱を取り付けます。

最終仕上げは消毒用アルコールで綺麗にします。

今回の整備は、百姓が面白いと感じる仕事のひとつです。使えなくなった物を修理整備して使えるようにした時の満足感は、荒地を開墾し土を耕し野菜を育て収穫した時と通じる部分があります。行政から補助を受けて新品ばかり揃えられる農家と違い、百姓は常に開墾(開拓魂)を持ち続けて先祖の思いを背負って地ベタに足を着けて生きているのです。

 

 

部品供給なし。修理すればまだ使えるのに。

22馬力でありながら4気筒。排気量があるのでトルクがある。変速はクリープ付きの16段。20年近く前に6代目が中古で買った。水平機能は最初から壊れたていたので細工してもらって尾輪耕起のみ。各部のオイルシールから滲み出るオイルは補給で対処して15年以上。エンジンオイルは自分で交換。最初から余熱は効いたり効かなかったり。ライトも10年前に片方壊れたまま。

パワーステアリングもついてないので、手を怪我している時は大変だった。

部品が無く、泣く泣く手放した古いトラクター。この頃のトラクターに比べたら、現在の同馬力トラクターは「ICチップがついた玩具」。電子頭脳が壊れただけで使い物にならないし、トルクが無い。

このトラクター。信濃川が夜中に急な増水をして、エンジンの半分まで水没してしまった時があった。濁流に浸かってラジエターの隙間も泥とゴミが詰まった。しかし奇跡的にエンジンが掛かったのには驚いたものでした。 しかし、喜んだのも束の間、オイルシールの隙間から川水が侵入していたらしくクラッチが張り付いてしまったので修理に4万かかった。修理してすぐに水温計の上昇が頻繁になった。30分使ってはエンジンが冷えるまで休ませて…の繰り返し。 それから3年近く、騙しながらなんとか使ってきたが、26年6月にとうとうオーバーヒート,リザーバータンクもボロボロに割れた。 「もう部品がない」と三菱に言われた。

一昨年、外国人の輸出業者に引き取ってもらった。ヨーロッパに行くそうである。今頃はヨーロッパで活躍していることだろう。

海外ではエンジンまで修理して再生しているのに、少資源国日本は「修理できない」と平気で言う。「新しく買ってください」という意味だ。 金持ちばかりの百姓ばかりでない。新車なんて買えない百姓も多いのに…。仕方なく

ドイツの国民車、ワーゲンビートルのような基本性能がしっかりして、修理すれば何十年も使い続けられるトラクターを作る会社が日本にあれば、必ず売れるはずである。

中古農機具の輸出業者の台頭によって我家のような小さく貧しい百姓が買える「程度の良い安い中古トラクター」が消えてしまった。いくら程度が良くても電子部品でウン十万円もするトラクターは買わないし、買えない。 誰かトラクターを安く売ってくれないだろうか。

 

 

冬場の機械整備

ここ10年で溜まってしまったバッテリー

農機や車、トラックなどの消耗品で一番高価なのがバッテリーです。トラックはバッテリーを2個積んでいるので出費も廃棄数も2倍です。バッテリーを必要とする農機は4台ありますし、車を含めると…毎年必ずバッテリー交換をしています。このバッテリーを産廃業者に持って行かなくてはなりません。

2サイクルエンジンの農機は、チェンソー・噴霧防除機・草刈機などは、混合ガソリンのためにガソリンを完全に抜いたり、ダイヤフラムの交換などがあります。トラクターなども春のオイル交換以外は、この時期にエアーフィルターの清掃やグリスアップ・塗装作業などがあります。

考案した農機具を製図・文章化して実用新案申請することもしなくてはなりません。

行灯カブ(30年以上前のスーパーカブ)レストアや、サンドブラストキャビネットの製作もあるので貧乏暇無しというのは、自分のせいなのは明白です。残りの人生はたぶん10年あるかないか…やるべき事、やりたい事を取捨選択すべき年です。

エアーコンプレッサーのメンテナンス

今年、とても古い中古のネギ皮むき機を購入した。手を使って1枚ずつ皮を剥ぐのは大変な労力と時間が掛かっていた。そして、時折100ボルト1/2馬力30リットルタンクのコンプレッサーを使い、手持ちのエアーガンによって皮むきをしていた。この100ボルトコンプレッサーは30年前に新品で購入し使用頻度も少なく手入れもしており、タイヤ交換・塗装・掃除など今後も活躍してもらう予定なので壊したくない。そのために3馬力の超中古コンプレッサーを買った。

皮むき機を新品で買うのは到底無理であり、自分で皮むき機を作るつもりで必要部品の金額をはじいてみたものの、安い中古機が買える額であった。そこで誰も手を出さない安いネギ皮むき機を見つけたので入手した。

説明書もなく汚れも酷い、ガタもある。噴出し用のセンサーも白濁して反応が鈍い。自分で整備するしかないのでガタツキを直し、清掃。センサー受光部を分解して慎重にバフを掛けて反応を良くした。そのほか色々と整備して使用可能にした。幸いセンサーとエレメント関係は整備のみで済んでよかった。

今後は噴出し口の改造が必要。

旧式であれ、皮むき機が有ると無しでは手間が省けるのは間違いない事実。4万程度の価値はあるし、回収もできる。

即使用できそう…とのことなので三相(動力)200V、3馬力の超中古コンプレッサーも入手してはみたものの…泣

繰り返しになるが、100Vのコンプレッサーではモーターが常時回っている状態になるのは承知のうえ、このままでは壊れてしまうのが明白なので、これまた中古の超古い三相コンプレッサーを格安で手に入れたが、油面計(オイルレベルゲージ)が内側から茶色に変色しており油量がわからないので、?と思ってオイルを抜いてみると…味噌汁のようなオイルと腐ったオイルの匂いがする。オイルが変質して油面計に付着して汚れを取ることができない。ビックリするほどに手入れがされていない。資金力の無さが仇になることは良くある事「金が無いなら親を恨みなさい!!」 と言われそう。

クランクケースを開けて確認した。底を灯油で洗っている途中画像。灯油が軸に付着するとベアリングの破損に繋がるらしいので慎重に作業。相当酷使されてきたのか…

クランクケースの底にはゴム状になったオイルが張り付いていた。オイルの補充はしてても交換は一切されていなかっただろうということ、埃の多い場所での稼動であったことが容易に判った。灯油を入れてマイナスドライバーでゴム状に変化したオイル汚れをこそぎ取ったが厚さは3ミリ以上であった。クランク軸に灯油がつかないように注意しながら、ブラシを使いながら何度も灯油でケースの底を洗い流した。

このコンプレッサー、購入直前まで稼動していたという話しだったが、正直なところ疑わしく思えており不安。

電源ボックスから出ている電源ケーブルがヒビ割れて剥き出し状態だった時に気付くべきだったが、後の祭り。 電気関係は自分で修理交換した。Vベルトを回してピストンの上下も確認済み。あとは電源を入れモーターが回るか。そしてシリンダーの傷・ピストンリングの磨耗状態とエア漏れの有無だけである。安物買いの銭失いの可能性大だがもう後戻りできない。

本日、午前中は地元種苗店に約束していた中島巾着ナスの選抜種子を無償提供してきた。我家の土田系ではないが、来歴証明を付けて渡した。再来年の販売種子の元種となるはず。

ようやくネズミに1勝

ネズミとの知恵比べに負け続けていましたが、クリスマスの朝にネズミとの決着を迎えることができました。

頭脳戦での勝負では破れてしまいましたが、破れかぶれの物量戦によって辛うじて勝利を得ることができたのです。

ポリバケツの落下式罠。橋渡しの板とバケツの板そしてパイプの中に落花生エサを仕込んである。ネズミを誘うルートを作ってみたものの…。2日前に設置したが無反応。

ネットで調べ、我家にある道具で手間と時間をかけずにできる罠がこれでした。巣穴の真上に設置しました。設置するときは人間の匂いがつかないように手袋をしましたが、寄り付いた気配はありません。我家の周囲を荒らし回っており、作業場の天井にぶら下げて置いた大豆を盗んだり、サツマイモや落花生を集めていることが先日、巣穴を埋め戻したときに判明しました。とても頭の良いネズミのようです。まさにトム(俺)を馬鹿にするジェリー。

3個の落とし罠を仕掛けましたが、バケツの周りに置いた寄せ餌すら食べた跡なしです。

自家栽培の生落花生(おおまさり)を砕き、バター・マーガリンと混ぜ合わせて餌を作った。罠の道筋に置いておびき寄せるためのもの。
網を被せた後から、ネズミが穴を広げていた。
本日、朝10時。左後ろ足1本に辛うじて掛かっていた。トラバサミも大事な農具のひとつ。頭の良さと運動能力からしてクマネズミか?

廃エンジンオイルを1.5リットル流し込んだ穴から出てきた形跡があるので、この種のネズミにはエンジンオイルでは忌避できないようだ。

トラバサミの数は9個。1個を残して閉まっているので相当足掻いたようだ。逃がすわけにはいかないので手斧の背で叩いて昇天させました。

1.5Lペットボトル

この大きさなので、落し罠の紙パイプには入れないことが判った。収穫物を食べてメタボ状態。

500mLペットボトル

丸々太った重いネズミ。我家の収穫野菜を食べ、家の土台下を掘りまわし、家の外柱までボロボロにしたジェリー。家ネズミやドブネズミの大きさではありません…クマネズミなのかドブネズミなのかハイブリット(交雑)なのか? 天井の19ミリのパイプを伝って餌を盗る運動神経には泣かされました、ドブネズミにはできない芸当です。1匹の親から生まれる子ネズミの数を考えると、まだネズミがいるはず。粘着シートは冬の屋外では粘着力が落ちることとネズミの足が汚れていることから効果が落ちるので屋内使用に限るようです。

年末に売れる銀杏。この匂などお構いなしにネズミは銀杏も食べてしまうのです。一昨日から本格出荷して本年中に売り切る予定。
この銀杏洗い機のお陰で、銀杏の収穫出荷が苦にならなくなりました。

 

 

 

チェーンソーの修理

今年1月、屋根の雪下ろし作業中に痛めた右肘が、秋の長芋掘り以降に悪化しており痛みが酷い。スノーダンプの雪を押し出すように勢いをつけて屋根から下ろす時、スノーダンプと雪が離れずに、スノーダンプごと落下しそうになったのを片手で止めたために、右肘を捻り伸ばしてしまった。それが今頃になって悪化している。スノーダンプ2.2キロ+雪20数キロの重さが勢い余って右肘にかかったのだから…

今週、降雪がなければ台風で折れたポプラの伐採を予定していたが、右肘を考えると軽い方のチェーンソーでなければ危険なので、お蔵入りしていたチェーンソーを3日前から夜に少しずつ修理している。

キャブレターを外したが、ダイヤフラムなどがボロボロだった。

プライミングポンプもパイプも硬化しているが、なんとか使えそうなので次回交換することにした。チェーンの目立ては明日。

全て分解してキャブクリーナーとエアーで清掃。ホームセンターで必要部品を購入しようと行ってみたら…

チェーンソーや草刈機などの2サイクルエンジンは、こまめにメンテナンスしなくてはいけませんが、野菜農家は貧乏暇無しで手入れができません。必要に迫られてから修理するので、高い部品を購入することが多くなります。消耗品の寿命くらい見当がつくのだら前もって安いものを用意しておけばよいものですが…。  ホームセンターでのダイヤフラムの値段がメーカー品しかなく1枚1080円で手を出しませんでした。アマゾンは純正品ではありませんがダイヤフラムほか4点で500円以下なので、ネット注文することに。3日後には届くでしょう。

 

昨日、寝付けずに午前3時過ぎまで眠れず。CDを聞こうとしたら30秒しないで読み込み不能状態に。中国製の安売り商品はCD‐Rを読み込んでくれるのは良いのだが、壊れやすくてボリュームが効かなくなったり、ラジオ機能がゲルマニウムラジオ並み。日曜深夜のラジオ放送は休止ばかり。海外放送がハッキリ聞こえるが意味不明。灯りを点けて銀河英雄伝説でも読もうかと考えるも寒い中、布団から手を出すのも嫌。文字の羅列を目に入れると睡魔が襲ってくるという良い体質なのだが、寒さ暑さは大の苦手である。薪ストーブが部屋にあれば、火の番をしながら炎の揺らめきを見ながら眠れるだろうに。30年前に新築する際、薪ストーブ導入を猛反対されて諦めたことを、こんな時に悔やむ。親と同居するとは不自由である。良いことが何一つない。サル山の猿にリーダーは2匹いない。オスでもメスでも必ずトップ争いが起きる、たとえ親子兄弟であっても。ディスカバリーチャンネルとアニマルチャンネルの番組を考えながら睡魔がやって来た。

雪の積もる前の片付け

ここ数日間、片付けが続いている。運搬車、管理機、掘り取り機、トラクターなどを畑から運んで洗浄するだけでも4日を使った。機械を収納する小屋の片付けと、保存出荷する野菜の移動などと平行しながらの作業は収入ゼロである。以前は積雪間際まで作業し農機を畑で使っていたので、急な大雪で一冬、トラクターやユンボを畑に置いたまま雪の下にしたことが何回もあったが、それをすると機械の老朽化が急速に進んでしまう。結果的に修理費が嵩むので、収穫作業よりも機械を仕舞うことにした。

バッテリーの寿命を延ばすために春まで端子を外す。農機のバッテリー交換はできるだけ抑えたい。

雪のあまり降らない地域の農家が羨ましい。豪雪地域の農家は収入が少ないので、人とは違うことをしなくてはならない。出稼ぎ・一時的な勤め仕事・農業関連の副業など。父親はガス会社・測量会社・日雇いの土方・長岡市のし尿汲み取り臨時要員・個人での雪降ろし作業請負など色々やって俺等家族を養ってくれた。小学生の頃、雪の積もった道路を小学校から下校している途中に民家の便所の汲み取り作業に出くわした。バキュームカーの汲み取りの臭さに友人数人と「くっせー、くせー、汚ねー」と皆で大声を上げながら通り過ぎようとした。そこには雪の降りしきる寒さの中、必死に働く父親の姿があった。野菜農家というのは稲作農家と違い収入は低く安定しない。俺の住む中島地区の百姓は、ほとんどが我家と同じ状況であったから、ほとんどが離農してしまった。あと3年しないうちに、この地区の百姓は我家だけになるだろう。今、自分の子供に家業を継いでくれとは言えない。昨年2月、俺が鉄腕ダッシュに出した手紙が採用されずにいたら、まだ少しはマシな状況だったと思う。行政の恐ろしさを実感している。

雪国では個人でのサツマイモの保存が難しいので、保存法を考えて6年以上にわたって店舗出荷していた。人の考えないこと、やらないことで生き残ろうと考えているが、俺にできることは人もできるもの。1人が上手くやっていれば、周りも真似をして今では店でサツマイモが山になり、余っている。価格競争も激しい。仲買業者が一年中、生産者コーナーで大量に安売りしているので出荷農家が全員嘆いている。悲鳴に近い愚痴が洩れている。仲買人が青果市場を通さずに生産者から直接買い付けて、生産者直送コーナーで並べているのは不思議な感じだ。集客力がつき、売り上げが伸びてくるとグレーな部分や、少し変では?と思えることが出てくるものである。

店の営業方針だから仕方ないが、生産者の顔が見える野菜が売り文句ではなかったのか…と届きもしない愚痴が出るのだ。いつの間にか地元生産者の写真も消えてしまった。

地元産・地場産・県内産とは何処がどう違うのか明らかな線引きをすべき時期がきていると思う。

一昨日、地元種苗店主催の栽培講習会場に行って来た。事前申し込みをしていなかったので会場に入らずに休憩所で会った大手種苗メーカーの担当者にサツマイモについて30分ほど必要な話だけを聞いて帰ってきた。講習会には出ずに得な時間を過ごせた。種苗店の担当者にはちゃんと挨拶しておいた。

本日は、あられが降り、一時白くなった。雨あられの一日。

27年前の中古トラクター

11月に知り合いのリサイクル業者から27年前の13.5馬力のトラクターを買いました。
15.5万円でした。畝立て専用に、このサイズのトラクターが必要でしたので、現物を見ずに写真で判断しての購入でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
約600時間使用の中古、ハンドルもヒビ割れていて交換しないとケガをしそうです。

現物確認をしないリスクの高い買い物でした。
①尾輪がついてなかったので耕転作業は左右均等になりません。
②ロータリーの爪が細くなり折れたり曲がったりしてます。要交換
③バッテリーが寿命でした。5400円
④ハンドルが3箇所割れている、後に要交換予定。
⑤エンジンオイルがほとんど交換されていない。勿論オイル交換しました。2.5リットル。
⑥オイルエレメントも同時交換。1080円
⑦エアクリーナーは掃除で済ます。 驚きの酷さでした。 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ギョェ~籾が目一杯詰まっているじゃないか~
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
いったい、何があったのだろうか・・・
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ラジエター右上の空気取り入れ口奥にもたっぷりと籾が詰まっていた・・かじられたゴムパイプが出てきたので犯人はネズミだと確信。

⑧ロータリーのギヤオイル不足。補充0.3リットル
⑨前輪ギヤオイルが白濁…キャップが外れかけており水が浸入していた模様。資金不足なので後日交換。
⑩クーラント不足で警告灯が点灯。後日補給予定
⑪左右サイドパネルの止めネジのプラスチック部分が劣化してボロボロ壊れる。
まだ、色々と問題が出てくるかもしれませんが、収入が少なく程度の良いトラクターを替えないので仕方ありません。リサイクル業者から購入する場合はノークレーム・ノーリターンが鉄則ですから、オークション同様にそれなりの覚悟が必要です。自分で整備できる範囲の状態であるかどうかを確認してから購入するべきです。
このトラクターは山間地域で使用されていたことがキーホルダーの名前から判断できました。後輪に比べて前輪の減り具合が進んでいることから、4駆にして頻繁に回転の必要のある狭い圃場専用だったらしいので、前輪のオイルシールも寿命が近いかもしれません。しかし後輪の車輪間隔を調整できるのは嬉しいことです。
年式、値段なりの状態だと思います。来シーズンの活躍を期待して格納しました。