ネズミとの闘いに負け続き。


先日採ったのはやっぱり、ブロッコリーとカリフラワーの交配種。左はブロッコリーの味と香り。右はカリフラワーの香りが薄くなったよう。カリフラワーのモクモクした食感も多少ある。

大手種苗メーカーのブロッコリー種を播いたのに、交配した種が混じっている理由を考えてみた。

①メーカー側の管理不足。 ②購入したブロッコリーの種自体がF1のために数百分の1の割合でカリフラワーの遺伝子が出てしまう。③新発売の交配品種なので、新品種を栽培する気のない農家に興味を持ってもらうために意識的にメーカーが種を仕込んでいた。

 

昨日処理したポプラの木を薪置き場に積み上げた。手がポプラ臭くなり食事するにも鼻についてしまう。

ネズミが舞い戻ってきた。ブロックを取り、土を掘り直してネズミの巣穴を埋めて整備したのに、どっさりと土を掻き出して2箇所の穴が開いていたので、左側の穴にだけありったけのトラバサミを仕掛けた。

 

最初の仕掛けで失敗したら同じ手は通用しないので、次回の罠は「落とし罠」の予定。粘着シートは、土だらけの足跡をシートに残したまま失敗している。

左側にあるこの巣穴にだけ1.5リットルの廃エンジンオイルをドクドク流し込んでやった。右側の穴から出て、市販捕獲器に入ってくれれば良いのだが。

もう1箇所の穴~市販捕獲器までネットでトンネル状にしている。

中央に横一文字に白く写っているのが「チュートルマン」という市販罠。これに行き着くようにネットで周囲を塞いだ。昔からあるネズミ捕りも左側に仕掛けたが、経験の多いネズミには好物のピーナッツやサツマイモを仕掛けても入らない。トムとジェリーというアメリカアニメがあったが、ジェリーを1度たりとも可愛いなんて思ったことがなかったのは、俺がネズミの多い家に生まれたから。ミッキーマウスすらあまり好きではない。ネズミの能力に劣る俺。カラスにも馬鹿にされている。猫やフクロウが好きな理由は俺の本能なのかもしれない。

ブラックライトをあてると、ネズミの通り道が光って見えるらしいので、安いブラックライトを探してみようと思っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.