地域の種屋さんの話・本物の種屋の重要性


種を買う時、昔からある歴史のある種屋さんで買うでしょうか。ホームセンターや日用雑貨店やスーパーなどで買うでしょうか。農協の直営店で買う(注文でない)でしょうか。

種や球根などは、是非、地元の種屋で話を聞きながら買ってほしいです。地域農業を守るということでは地域の種屋を永く存続させることも重要なことなのです。

野菜に多少の知識ある人がスーパーなどで種を買う場合は、種の品質に拘ることはないと思います。俺はそうです。 しかし、種にシッカリとした品質を求める場合や新発売の品種を求める場合は、歴史ある種屋で種を買っています。

本日夕方、地元長岡で大正時代以前から続いている種屋に、種の注文に行ってきました。店頭で店主と向かい合って、新発売から数年経過した野菜の品質や栽培要点、耐病性などを聞きながら今年の栽培品目を相談してきました。 国内に数多くあるサカタ・タキイなどの大手種苗各社の製品情報を知る種屋の存在は、とても重要です。

昔の品種との違い、栽培要点、交配原種は何だろうか、実際に栽培した人からの評価などなど知り得ない情報が得られるのは歴史ある種屋だからこそ。 ホームセンターや農協売店では教えてもらえないことが聞けるのです。 開発メーカーの話・多数の栽培農家の話、双方の情報を一番知っているのは昔からある種屋でしょう。その双方の話を種屋の経験を通して良い面も悪い面も、俺のような客にフィードバックしてくれるのです。このようなことは種屋にしかできないことなのです。

ホームセンターやスーパーで野菜種や花種などが売られるようになり、新潟県内の種屋も相当減ってきているそうです。種屋とは種を売るだけでなく、栽培情報も一緒にオマケしてくれていることを知らない消費者が多いのです。 ネットで調べても地域差で温湿度や土質などの違いまで教えてくれませんし、種袋の裏面にある「冷涼地・暖地・関東・東北・関西」など曖昧な線引きでの説明や、毎年同じでない気温変化と気候に困ることもよくあります。 このようなことは、歴史のある種屋なら多くのお客からの情報と経験で、一番良い播種時期や管理方法などを教えてくれます。 質問に答えられる本物の種屋が永く営業できる時代に戻ってほしいです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.