90年前の種苗カタログ


京都のタキイ種苗のカタログ

画像は、大正16年のタキイ種苗のカタログです。平成26年8月に俺が単身京都のタキイ本社へ行った時に、「現存する古いカタログがあったら、茄子の箇所だけコピーして送ってほしい」旨をお願いして、後日に郵送してもらったものです。

タキイ本社に現存する古いカタログは少なく、探してもらいましたが10年分ありませんでした。大正16年という元号は存在していませんので、実質、昭和元年度用のカタログということになります。

ここに「巾着茄」の名前が存在していますが、挿絵がないのでどのような巾着茄なのかは説明文から想像しなくてはなりません。「巾着茄」といっても、梨ナスも巾着茄の範疇とされていますので京都発の、このカタログから中島巾着との関連性を求めるのは難しいと思います。

図書館やネットで検索するだけでなく、その情報が何処の誰が情報源であるか直接確認する作業によって真偽と事実の一端が見えてきますし、文字や画像だけではない真実やヒントまでも入手できることがあります。それが自信につながってきます。長岡の巾着ナスと梨ナスにかけては誰にも絶対に負けない知識と経験を持っているのは、これらのことをやってきたからです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.