賀茂なす


雨の多かった11月でした。本日は曇りで時々お天道様の日差しが当たりました。本格的な降雪の前にビニールハウスのビニールを取り除かなくてはなりませんが、中を片付けなくてはなりません。ビニールハウスの通路に落とした賀茂なすの種が発芽して1個だけ実を成らせていました。近隣には他のナスがないことと、時期外れの着花だったので採種するために抜かずにそのままにしていたのです。

賀茂なすを自家採種して4年目

4年前、発売元の種苗会社に問い合わせて、一代交配ではない「賀茂なす」だということだったので採種を続けてきました。『長岡では焼きナスを食べる習慣が根付いてない』という嘘がまことしやかに公言されています。梨ナスをフライパンで焼いたり、網焼きにする食べ方は大昔から存在しているのです。この賀茂ナスを1.5センチ程度に輪切りにしてフライパンで焼いて醤油・塩・ニンニク・胡椒で味付けした茄ステーキは日本で一番旨い茄料理だと断言します。インターネットでは「賀茂ナスはヘタが3つになっているものが最高なのだ」ということが書かれていたので、我家の畑に森下博士と小田切さんが来られた際、その事をお2人に話したところ「そんなことはありません。」とお2人とも同じく言っておられました。長岡では賀茂ナスに馴染みがないのか売れませんので我家の賀茂ナス栽培本数は、ほぼ自家消費分の栽培です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.