新潟県の伝統料理・のっぺ


昨日、1日中薪割りの外仕事で体が冷え切っていたので、妻が今シーズン初の『のっぺ』を作ってくれました。

『のっぺ』は、地区や家々で具材と味が違います。

幼い頃や子供の頃は美味しいと思わなかった『のっぺ』でしたが、年齢を重ねる度に旨さを感じるようになりました。南北に長い新潟県ですが、地域・家によって味付けも具材も違います。我家の具材は…先ず自家生産の具材から書きますと、里芋・人参・ギンナン。購入具材は、コンニャク・かまぼこ・ちくわ・椎茸(乾燥戻しは香り高く、生椎茸は食感が良い)・蓮根・鰹節。時により、ミツバ・柚子を添えます。とろみをつけるために片栗粉を少量入れることもあります。味付けは醤油で野菜の風味が判る範囲で薄味仕上げにします。我家では『のっぺ』に餅を入れて雑煮にすることもあります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.