カマキリの積雪予報


昨日片付けた支柱です。本日は積雪5センチ程度で風があり寒い日でした。

 

今期、カマキリの卵を発見したのはこれだけです。カマキリの卵が付いたイボ竹の太さは16ミリです。地中に25センチ~30センチ突き刺していたので、卵の位置は地上15センチ~20センチほどです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

虫の予知能力を信じないわけではありませんが、カマキリの卵が産み付けられた高さで積雪量を予測するというのは、俺の経験から考えて無理があります。天気管という気象予報具を興味本位で購入して観察してきましたが、まだその真偽が納得できない頃にブログに画像をのせたところ、海外の方から「それはオカルトのたぐいです」とメールがありました。あれから毎日観察をつづけたところ温度変化で樟脳が結晶化するだけとの結論に達しました。自然現象と科学・化学を自身で確認することは面白いものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.