土が締まる現象


12月22日に中島の百姓4軒の寄り合い兼忘年会がありました。86歳の丸山さんと長谷川さん、定年帰農で数年の水田さん、そして一番若い55歳の俺です。そこで話題の一番は、今年10月の信濃川の増水被害でした。「秋作は、ほぼ全滅であり、来春は早々に畑と農道復旧に追われることになる…」そんな話から来期の影響についても話しました。

河川敷の畑に冠水すると翌年の根菜類は奇形が増えます。画像の出水時には24時間以上、畑に川水が滞留しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

10月の台風では海抜の低い畑でおよそ1.5m深さの水圧が掛かりました。水の重さと、水を吸収することで微細な土の空間が消えて粘土化します。川水の運ぶ土などの栄養素は計り知れませんが、大根・長芋・ゴボウなどは締まった土のために伸びることが阻害されてしまいます。丸山さんが言うには「水がついた翌年はダメらろも、その次の年は良くなる」とのこと、水で締まった畑土に空気層が戻るということでしょうか。経験からの話を科学的に調査できたらと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

水が退いた直後の農道では、あちこちで地中の空気が湧いていました。農道は普段からトラックや農機具が走っているので土中の空気層は少ないはずなのですが、これだけの空気が湧くことは、水の重さが及ぼす畑への影響を窺い知る材料になります。信濃川河川敷の畑が存在してきたからこそ長岡の伝統野菜が守られてきました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

10月の増水で許容量以上の川水を吸ったために、今期のような雨続きでは雨水が地中に浸み込まない。畑が締まったことも原因。豊饒の大地にも一長一短があるが、先祖代々その良し悪しを知り覚悟のうえで生きてきた。美味しいから食べるのは当たり前ですが、見えないことを知ってもらうことで美味しさという価値が変わってくると思うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.